33歳契約社員、仕事はどちらでもよかった

33歳、女性、第2子を産んでから産後半年で復帰しました。

仕事は大学の事務職員でしたが、契約社員だったのでそのまま退職するのが一般的な中、契約期間が1年なので育児休業を1年も取ってしまうと退職することになるから嫌でした。

私が産後スムーズに復職できたのは、保育園の理解があったからです。

上の子は認可園ではなく無認可園に入園したのですが、月謝が少々高い分カリキュラムも充実しており、慣らし保育も少ないからです。

発熱しても病院に連れていてもらえるなど手厚いケアがあるので職場にもあまり迷惑をかけずに復職できました。

しかしながら、第2子は生後半年しかいられなかったので、小さいころを共有できなかったのはこうかいがあります。

アレルギーでアナフィラキシーショックを起こして病院に運ばれた経験もありますが、それも職場から駆け付けざるを得なかった苦い経験があります。

子どもが生まれてからも仕事を続けるコツとしては、職場になるべく迷惑をかけないことと子どものことを一番に考えた環境に置くことです。

上の子を含め、無認可保育園に2人を入れるのは経済的に大変ですが、ケアが行き届いた保育園であったので特に早退をすることもなく働き続けることができました。

そうして契約も更新してもらえました。

ただ、私は夫の仕事で転勤してきて、仕事を続けることくらいでしか友達や職場の人と知り合えなかったので、仕事を続けるための環境を選んでよかったのですが、これが地元だったり、仕事以外にも楽しいことがあるのであれば無理して仕事をする必要もなかったかなと思います。

仕事をしているからといってお金が貯まるわけでもなく、それだけ私服や交際費、食費などが上がってしまいます。

今は、また転勤して仕事をしていませんが、だからといって経済的に不安があるわけでもなくそれなりに暮らせています。

産休や育休があるから制度を利用しないと損、とばかり無理して働く人もいるでしょうが、そればかりが人生でないとも思います。