25歳女 働いて気持ちに余裕ができてさらに子供が可愛く思えた

初めまして。

私は1人の女の子を育てている
ママです。

私は産後1ヶ月と少しで
職場復帰しました。

生活費のためではなく
毎日1人で
子供を抱きながら
外が明るくなり「あぁ、朝だ。

」と
思いながら
ボサボサの髪、ひどいクマ、ヨレヨレの服で
寝ては泣く寝ては泣く子供と二人の世界でした。

主人は仕事が忙しかったので
余計に二人の世界。

遠方にいる両親を頼ることもなく
一人でみていました。

「スマホは脳に影響がある。


と読んだのでスマホを触ることもなく
時間感覚さえ忘れてしまうような
毎日でした。

「添い乳は窒息死のおそれがある。


と読んだので毎日をほぼ座って生活しました。

ふと「あ、やばい。

このままじゃ病みそう。


と思っていた時に仕事の誘いがきました。

無理だよ。

と思いましたが
少し仕事が落ち着いた主人が
気晴らしに行っておいでと行ってくれたので
短期間仕事をするととにかく楽しかった。

帰ってきてごめんねの気持ちとともに
いつもより心に余裕ができ
さらに子供が可愛く思えるようになった。

早くから働くと将来身体にもがたがきて
よくないと言うし
子供にも寂しい思いをさせたと思います。

すぐに仕事を始めたのは
きっと世間からすると褒められたものでは
ないのだろうと思う。

でも
私は働いて良かったと
心から思います。

逃げた?そう言う人もいるかもしれない
けれど
一緒にいることだけが正解ではない。

お互い余裕を持てたから
一緒にいる時間をもっと大切にできたと私は思います。

年長に上がる時に
私は仕事をセーブしました。

小学校までの1年間
旅行に行ったり、美味しいものを食べたり
長期間実家に帰ったりと
目一杯子供と過ごしています。

罪滅ぼしの気持ちはないと言ったら嘘になりますが
もうしっかりいろいろなことが理解できる今だから
過ごす時間にも意味があると思います。

ただ流れる毎日を一生懸命過ごしていた自分のことも
好きですが
仕事を一生懸命やって
他の時間を子供とすごすスペシャルな時間を過ごした
自分のことも好きです。

どれが正解なんてないと思っています。

やりたいようにやればいい。

子供と過ごすその時間を
とにかく大切にすれば
「子供が小さいうちは一緒にいてあげないと。


などと言うお節介はほっておけばいいと思います。