46歳女 産後仕事の復帰は、納得のいくように時期を考えよう

二人の子どもを育てる40代の主婦です。

子どもを授かるというのは、予定しても予定どおりになる訳ではありません。

私の場合もそうでした。

30歳になり、広告デザインの仕事を、ようやくフリーとしていただけるようになった矢先の妊娠で、ギリギリまで仕事をして、結局、入院を入れて10日ほどで復帰しました。

その時は、仕事がなくなるという怖さに必死で仕事をしました。

もともと睡眠時間があまり多くないタイプだったので、子どもの夜泣きも苦にならず、子どものベビーチェアを足で揺らしながら、パソコンに向かっていました。

授乳時に、テキストを読んだり、スケジュールを確認したりする事で、なんとかこなしていました。

効率的に動けているという実感があったので、充実しているようにも思いましたが、打ち合わせ時などになると、割り切って子どもを預けて仕事をする、と思っていたものの、いざ出産すると、子どもから離れられない自分がいました。

極力、子どもを連れて打ち合わせに行く事が出来たのも、周りの方々のおかげでもあったと思います。

しかし、仕事は減りました。

そんな事もあり、子どもの世話で、仕事が中途半端になったと思われたくなかったので、必死に仕事をしました。

仕事をいただいていたプランナーさんは、自分の奥さんの出産の経験も踏まえて、ペース配分してくれていたのだと思いますが、当時はとても不安になり焦りました。

今思えば、もう少しゆったりしても良かったのではないか、と思います。

子どもを近くに置いて仕事をしていたので、子どもの成長は感じていますが、もう少し心に余裕を持って、育児を楽しむ事も出来たのではないか、と思います。

仕事にも旬というものがあると、私は、今も思っています。

一度でも、身を引くと、得られないものもあると思っています。

しかし、子育てにも旬があると思っています。

そして、その旬は、自分次第だと思います。

身近すぎて見えにくいですが、自分の身体や出産は、やはり奇跡的なものだと思うので、大切にしてほしいと思います。